1年生 自然体験学習 R3.10.18(月)
緊急事態宣言が解除され、八條中学校としては2年ぶりの校外学習が行われました。
狭山市のお茶畑で茶摘み体験、三芳町の三富今昔村にて、自然の草花を利用した万華鏡づくりなどを行いました。
埼玉県西部の景色は、東部にある八潮市とは違い、地形の高低差が多少あり、田んぼはほとんどなく、畑や雑木林が広がっていました。

  バスレクは、事前に作ったDVDで。静かに鑑賞。
体育館で開講式。態度がとても良い!       バスの中は、二席に一人で座り、ほとんど黙って過ごしました。

  
お茶摘み体験開始! まずは茶葉の摘み方の説明を聞きます。

  
一芯二葉を摘むのがポイントだそうです。           頑張って摘みます!                   教えていただきながら…。

  
ここでも、教えていただいています。        なかなか、茶葉がたまらない。                 先生と協力しながら。

  
天気が良くて、気持ちいい!                                           みんなでピース! 

この後、積んだ茶葉を家庭でお茶にする方法を教えていただきました。 

  
次に、三富今昔村に到着。ここは以前、産業廃棄物処理場だったところを、環境改善し、自然体験ができるようにしたところです。
まず、万華鏡づくりに必要な材料集めの説明を聞きます。材料は自然の小さな花や木の実、葉っぱなどを使います。

  
材料集め開始!自然豊かで、花や木の実がいっぱい!カナヘビを捕まえて人もいました。 写真はありませんが、モグラが息絶えていてビックリ!

  
林の中は、なぜか気持ちがいい!みんな元気!  集めた材料を使って、いよいよ万華鏡づくり開始! 説明をしっかり聞いて…。

 完成間近! それぞれ個性的な作品に仕上がり、万華鏡を覗く生徒から歓声が上がっていました。

  
お待ちかねのお弁当。ただ、残念ながら黙食。 ほんとはワイワイさせてあげたいのですが…。


昼食後、グループで三富今昔村を散策しました。林の中には池や畑、神社などもあり、思い思いに楽しんでいました。

その後、バスに乗り、一路八潮へ。ここでもみんな静かにしていました。(疲れて寝てしまった生徒もチラホラ…)